弁護士加藤英典のブログ

埼玉県所沢市の弁護士のブログです。

検察修習の思い出話

2日での官報で広島高検検事長退職に伴う玉突き人事が公告されていました。その中に、私にとっては懐かしい名前がありました。高松高検検事長に就任された清水治検事は、私が函館で検察修習をしていたときの函館地検検事正です。
検察修習中には、検事正に決裁をあげる機会もありました。当時の私は、前期修習を終えた直後、実務に触れたばかりのときです。今にして思うと、十分な取調べもしないまま検事正にあげてしまいました。被疑者の犯行の動機等の背景事情を尋ねられたものの、取調べの中で話を詰めていなかったため答えられず、「調べが足りん!」「調べというのは、構成要件該当事実を聴き取れば終わりというものやないんや!」と検事正に叱責され、頭が真っ白になってしまい検事正の言葉に頷くしかなかったのが印象に残っています。
あれから年数が経ち、私も幾分かは実務の経験を積みました。今の私であれば当時よりはましな取調べができるのではないかとは思いますが、それを確かめる機会は二度とありません。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ