弁護士加藤英典のブログ

埼玉県所沢市の弁護士のブログです。

「ヒロシマ市民の描く原爆絵画展」のお知らせ

私が事務局長を務めている原爆絵画展所沢実行委員会は、2017年8月4日(金)から6日(日)の間、所沢市小手指市民ギャラリーエバー(西武池袋線小手指駅北口徒歩2分)において「ヒロシマ市民の描く絵画展」を開催します。 この絵画展は、1974年5月に一人の被…

誤解されている痴漢事件

誤解されている痴漢事件 先日の話の続きです。今度は、痴漢を疑われた男性が線路内に立入り、電車にはねられて死亡したと報道されています。 www3.nhk.or.jp このような危険もありますので、「痴漢を疑われたら逃げろ」は適切な対応ではありません。 ところ…

「痴漢を疑われたら逃げろ」は正しいのか?

「痴漢を疑われたら逃げろ」? 報道によれば、5月12日未明、JR京浜東北線の車内で痴漢を疑われた男性が、上野駅構内から逃走し、駅付近のビルから転落して死亡した、とのことです。逃走中に誤って転落したのか自殺を図ったのかは判明していません。 www3.nhk…

刑事拘禁制度改革に関する勉強会

※このエントリーは、『刑事拘禁制度改革実現本部ニュース』40号(日本弁護士連合会刑事拘禁制度改革実現本部編)に寄稿した文章をブログ用に編集したものです。 1 日弁連刑事拘禁制度改革実現本部は、2017年3月6日、村井敏邦氏(一橋大学名誉教授)と赤池一…

袴田事件第二次再審請求即時抗告審~DNA鑑定実施を強行した裁判所~

※このエントリーは、『再審通信』111号(日本弁護士連合会人権擁護委員会編)に寄稿した文章をブログ用に編集したものです。 事件発生から半世紀 袴田事件は、1966年6月30日未明、静岡県清水市(当時)内の味噌製造会社役員宅で一家4名が殺害された強盗殺人…

有罪率99.9%?

「99.9 刑事専門弁護士」 17日からTBSでドラマ「99.9 刑事専門弁護士」が始まりました。同業者の間でも話題になっています。 www.tbs.co.jp 私も第1話を視聴しましたが、日本のテレビドラマにしてはめずらしく尋問のシーン等がしっかりと作られているのに感…

「望むのは死刑ですか 考え悩む”世論”」

2月3日にドキュメンタリー映画「望のは死刑ですか 考え悩む”世論”」の上映会(埼玉弁護士会主催)に参加してきました。 nozomu-shikei.wix.com 映画のもとになっているのは、2015年に日本で実施された審議型意識調査です。 日本国は死刑制度を存置しており、…

法廷傍聴ガイド

先日、知人が「裁判の傍聴をしてみたいが、何をどうしたらよいのかわからない」と言うので、東京の裁判所で待ち合わせをして、法廷傍聴の案内をしました。 知人のような方が他にもいるかもしれないと思い、簡単な法廷傍聴の案内を書いてみます。 なお、以下…

開廷表のこと

裁判所の廊下には、開廷表が張り出されています。その日に裁判所で行われる期日の事件名や当事者名が記載されているのです。本来は、裁判所に出頭した代理人や当事者に対して、この手続はこの法廷でやる、ということを案内するためのものです。私は、特に理…

『袴田巌 夢の間の世の中』

私が弁護団員をしている袴田事件を題材にした映画「袴田事件 夢の間の世の中」が2016年2月から各地の映画館で公開されます。 www.youtube.com 釈放後の袴田巌さんとお姉さん(袴田秀子さん)の日常を撮影したドキュメンタリー映画です。 私も関係者向けの試…

「野々村元県議を強制出廷へ、神戸地裁が勾引状」

詐欺罪等で在宅で起訴された元県議会議員の被告人に対して、神戸地方裁判所が勾引状を発布したと報道されています。 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2685827.html 捜査中に逮捕・勾留されている被疑者が公判請求された場合、通常は、起訴後も勾留…

「川越 裁判所 駐車場」

このブログや事務所のホームページのアクセスログを見ていると、「川越 裁判所 駐車場」で検索してくる方をちらほら見かけます。裁判所に自動車で行こうとしている方が、裁判所に駐車場があるのかを調べているのでしょう。 川越の裁判所(さいたま地方裁判所…

事務所のホームページを更新しました。

事務所のホームページを大幅に更新しました。 ribbon-law.jp レシポンシブデザインのテンプレートを使用しています。パソコンで見ている方は大きな変化がないでしょうが、スマートフォン等で見るとレイアウトが大きく変わっています。 今まではスマートフォ…

<民法改正>「飲み屋のツケ」時効は原則5年に――飲み代を払わない客にどう対応?

www.bengo4.com 民法改正に関連して、飲み代を払わない客にどう対応するか、というお題で弁護士ドットコムから取材を受けました。

「強姦された」ウソ証言で「無実の男性」が服役か――告訴した女性は罪に問われる?

「被害者」の虚偽供述で無実の男性が服役することになったとき「被害者」は罪に問われるのか、というお題で弁護士ドットコムから取材を受けました。 この事件は、再審開始決定前に検察官が刑の執行を停止し、有罪の言渡しを受けた者を釈放した、というめずら…

女子高生と「援助交際」したオジサンが捕まった・・・誘った少女に「罪」はないの?

www.bengo4.com女子高生が「援助交際」をしても罪に問われないのか、というお題で弁護士ドットコムから取材を受けました。

おもちゃの「100万円札」わざとドロボーに盗ませたら・・・犯罪になるの?

www.bengo4.com おもちゃのお札をわざと盗ませたらというお題で、弁護士ドットコムから取材を受けました。 ネタにマジレスするのも苦労します。

袴田さんの再審開始と釈放

報道されている通り、私が弁護団に加わっている袴田事件について、3月27日、静岡地方裁判所が再審手続の開始と死刑及び拘置の執行停止を決定し、袴田さんが釈放されました。1966年8月に逮捕されて以来、47年7か月ぶりの釈放です。 27日午前10時に静岡地方裁…

「せっかく作った『雪だるま』が壊された! 犯人を『器物損壊罪』で告訴できる?」

www.bengo4.com 他人が作った雪だるまを壊したときに器物損壊罪が成立するかというお題で、弁護士ドットコムから取材を受けました。

袴田ひで子さんの陳述書が公開中

袴田事件第2次再審請求が結審 来春にも再審開始の可否判断へ http://plaza.rakuten.co.jp/hakamadajikenhp/diary/201312160000/?scid=we_blg_tw01 12月16日の袴田事件の期日で袴田ひで子さんが読み上げた陳述書の全文が支援団体のウェブサイトで公開されてい…

袴田事件第二次再審請求が審理終了

私が弁護団に加わっている袴田事件について、弁護人、検察官、請求人である袴田ひで子さんの意見を聴く手続が静岡地方裁判所で行われました。袴田ひで子さんの意見陳述は、逮捕から47年間という時間の重さを感じずにはいられない感動的なものでした。手続終…

裁判は1分で終わります

先日のブログの通り、事務所から裁判所までは結構遠いのです。時間をかけて裁判所まで移動し、実際に裁判所でどれくらいの時間を過ごすかというと、事件の内容や手続によって異なります。 調停は長くなりがちです。離婚調停や遺産分割調停で複雑な案件ですと…

所沢から川越の裁判所は遠い

所沢で法律事務所をしていると、川越の裁判所に出頭することが多くなります。 所沢にも裁判所はあるのですが、所沢の裁判所は簡易裁判所しかありません。ここでは、争いの対象となっているお金やモノの価格が小さい事件しか扱えないことになっています。金額…

2012年の業務を終了しました。

12月28日で年内の通常業務を終了しました。 2012年は新規開業1年目ということで、事件がくるのか不安なところもありました。実際に事務所が動き出してみると、様 々なご相談やご依頼があり、予想以上に慌ただしくなっています。それに伴い色々な課題もでて…

小手指駅に駅看板を出しました

少々ご無沙汰していました。 先月のことになりますが、狭山ヶ丘駅改札口付近に続き、小手指駅ホームにも駅看板を出しました。場所は4番ホームの池袋寄りです。 都内から帰宅する方は、小手指止まりの電車から飯能行の電車への乗り換え待ちの際にでもご覧い…

7月11日借金&こころの相談会

川越市保健所で開催された借金&こころの相談会(川越市保健所と埼玉弁護士会川越支部の共催)に相談員として参加してきました。メンタルの問題と借金の問題を両方かかえている相談者(多いんです……。)について、精神保健福祉士と弁護士がタッグで相談に応…

接見渋滞を解消してほしい!

飯能警察署に夜間接見に行ったとき、接見渋滞にまきこまれました。接見渋滞とは、弁護人接見の順番待ちが連なっている状態です。弁護人接見を申し込んだ後、接見までに長時間待たされてしまいます。 警察署が古い建物ですと、接見室が一部屋しかないことが多…

7月9日袴田事件三者協議

鑑定人尋問を実施へ 袴田事件再審請求 http://www.at-s.com/news/detail/397726246.html 7月9日は袴田事件の三者協議が静岡地方裁判所で行われ、私も出頭してきました。 報道されている通り、DNA鑑定について鑑定人の尋問を実施することを裁判所が決定しまし…

検察修習の思い出話

2日での官報で広島高検検事長退職に伴う玉突き人事が公告されていました。その中に、私にとっては懐かしい名前がありました。高松高検検事長に就任された清水治検事は、私が函館で検察修習をしていたときの函館地検検事正です。 検察修習中には、検事正に決…

『冤罪と裁判』

冤罪と裁判 (講談社現代新書)作者: 今村核出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/05/18メディア: 新書この商品を含むブログを見る 古くは弘前大教授夫人殺し事件(1949年)から最近の裁判員制度下の判決まで、事実認定が問題になった事件を15件紹介し、冤罪の…